あらゆる分野でシステムを導入されている

ITに於いてシステムはとても重要です。
電源のオン・オフで構成されるITの世界は、0と1でそれ以外の答えはありません。
そんな単純な判断で、今のような複雑な作業を可能にしたのは、プログラムによるシステムの構成を常に見直し改善してきた、IT技術者たちの膨大な努力と歴史があったからです。

最初はごく単純だったプログラムも、いまはあらゆるプログラムが存在し、YES・NOしか判断できない不完全なシステムを、より高度に完全なものへと近づけていったのです。
人工知能などという技術も、根本は0と1の組み合わせで構成されており、決して2とか3はありません。
IT産業は、その時の、時代の技術に満足することなく、常にシステムを書き換えてきました。

しかし、我々一般の社会では、今でも昔の慣習や常識にとらわれ、根本的なシステムの見直しをする人も少なく、それが今の社会の困惑に繋がっているのです。
企業のシステムも国の政策も今やITを考えずに進めることが出来ません。
また医療や社会福祉、教育現場にいたるまで、今までの経緯を一旦すべて忘れて、根本的なシステムの見直しが求められています。特に今後高齢化社会が進む中で医療機器のIT化は確実な見直し対象とされています。

われわれ一般消費者も、メールや携帯でのインターネットへのアクセス等、嫌でもITの影響を受け、またこれからは、私達の生活スタイルも根本的にシステムの見直しをせざるを得ない時が近づいています。
そのうち最新の地デジシステムも、TVの放映がすべてインターネットに託される時代がくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です